リフォーム初心者のための失敗しないリフォーム術
  地球にやさしい省エネリフォーム


 省エネリフォーム
 
 設備機器を交換することで、エネルギーを節約する方法をいくつかご紹介

 します。
 
 ガス給湯機を省エネタイプに交換

 従来品と比べ、給湯にかかるガスの消費量を13%削減

 できます。

          例)24号の追焚付給湯機で比較した場合、

            年間約10,000円の節約


 おすすめ商品  リンナイ エコジョーズ 

            RUF-K2401SAW \¥341.200-



 ガス給湯機を電気温水器(エコキュート)に交換

 給湯にかかる光熱費(ガス代+電気代)を約20%削減で

 きます。

 しくみ:ヒートポンプユニットで大気中の熱を取り込み、

 少ない電気でお湯を沸かします。また、安い深夜電力で

 沸かすため、大変経済的です。

 おすすめ商品  コロナ エコキュート 

            CHP-H3716SA \¥585,000-

            (エコキュートは自動お湯張り、追い焚き
             機能も付いています。)



 ガスコンロをIHクッキングヒーターに交換

 エコキュートを設置し、さらにIHクッキングヒーターを導入

 すると、光熱費をさらに5%削減できます。東京電力では

 オール電化に対する電気料金の割引があり、対象電力

 の5%が割引となります。

 価格:185,000円〜374,000円

 →東京電力 IHクッキングヒーター



 食器洗い機を導入

 冬はお湯を使うため、ガスと水道の両方がかかります。

 食器洗い機は少ない水の量で洗えるため、一石二鳥

 です。ランニングコストをシミュレーションすると・・

    手洗いの場合     ガス使用量 81.62m3
                  水道使用量 47.45m3
                  合計    約23,060円

    食器洗い機の場合  電気使用量 525,20kWh   
                  水道使用量 10,8m3
                  合計 約14,020円

    年間で9,040円もの節約になります。

    →パナソニック電工 食器洗い乾燥機



 家電製品を買い換える

 新しい家電製品は従来品に比べ省エネ化されています。

  たとえばエアコン。1例ですが、10年前に取り付けたエ

 アコン (6畳用)の冷房時の消費電力は880Wですが、

 同メーカーの最新のエアコンは350Wで、約60%もの省

 エネになっています。



 白熱灯を蛍光灯に替える

 蛍光灯は白熱灯に対して消費電力が1/4以下と格段に

 差があります。同じ明るさで比較した場合、蛍光灯の18

 Wは白熱灯の60Wに、13Wは40Wに相当します。

 蛍光灯のほうが値段は高いもののランプの寿命が6倍と

 長いため、かなりの節約になります。最近は電球型の新

 商品が多数生産されており、器具を交換することなく

 ランプのみの交換で済みます。 →電球の種類



 洗浄・暖房便座を交換する

 トイレの便座の暖房は、一日中付けっ放しで電気の無駄

 が多いのが 実情です。最新式のものは、使う時だけ便座

 を暖めるしくみになっており、大変経済的です。年間で

 約6,000円ほどの電気代の節約になります。


 おすすめ商品 松下電工 ビューティートワレ

           CH793 \110,000

           →パナソニック電工 便器・洗浄便座



 断熱材を入れる

 天井や床に断熱材を入れることで、冷暖房の効率を高め

 ることができます。天井の場合は、押入の点検口等から

 断熱材が入っているかどうか確認できます。グラスウール

 はホームセンターなどで購入でき ますので、天井裏に入

 ることさえできれば自分で敷くことも可能です。断熱材は

 価格が安いので高い対費用効果が得られます。
 





   












 














 











 

















 








  
   電球型蛍光ランプ












 
















  
Base template by WEB MAGIC.   Copyright(c)2008 リフォーム初心者のための失敗しないリフォーム術  All rights reserved.