リフォーム初心者のための失敗しないリフォーム術   
   外構工事・エクステリア                                    


 外構・エクステリア

 ガレージの配置には気をつけよう

 外構工事で新たにガレージを設ける場合、クルマの出し入れがしづらくならない様、

 プラン上の注意が必要です。縦列駐車の場合には、道路に接するガレージの間口を

 車の長さ+2mは確保したいところです。また、道路と直角方向の場合、必要な出入

 口の幅
(図のB)は前面道路の幅(図のA)を基準に考えなければなりません。Aが狭

 いほど、Bを広く取らないとハンドルの切り返しが必要となります。また、入口の脇に

 道路と平行して塀や門扉がある場合は、塀を道路から離す(図のCを多くとる)ことで、

 出し入れをしやすくすることができます。


  

 将来大きなクルマに買い換える可能性があれば、余裕ある寸法にしておいた方が

 良いでしょう。大事なクルマを傷付けないためにも、狭いスペースでは慎重にプラン

 を検討する必要があります。クルマの出し入れをイメージするために厚紙でクルマを

 型取り、図面上でシミュレーションするとわかり易いでしょう。→写真


Base template by WEB MAGIC.   Copyright(c)2008 リフォーム初心者のための失敗しないリフォーム術  All rights reserved.