リフォーム初心者のための失敗しないリフォーム術
    リフォーム 見積書の見方・考え方


 見積書の見方・考え方

 見積書の単価・数量

 複数の業者から見積もりを取って比較する場合、ただ単に単価を比較するのでは

 なく、施工する回数や使う材料の材質等をチェックすべきでしょう。A社とB社で塗装

 の単価が同じだとしても、片方は2工程なのに対し片方は3工程だとすれば、同様に

 比較することは出来ません。また、見積書の数量は、通常使用する材料の必要数を

 元に算出
されています。一見、実際の面積より数量が多く見えても、材料には必ず

 ロスが発生しますので、見積書では実際の面積よりも多い面積が記載されます。



 見積書と請負契約

 見積書とは、当該工事がいったいいくらで出来るのかについての、根拠を示したもの

 です。しかし、それは過去の経験に基づいた「これだけかかるであろう」という予測値

 に過ぎず、工事が終わってから、材料をどれだけ使い、工事が何人工かかったかを計

 算したもの(出来高)ではありません。材料をどれだけ使うかについては、ほぼ予測可

 能なのに対し、手間(労務費)は材料ほど正確な予測は出来ません。特に新築と違い

 リフォームの場合はその傾向が強いといえます。

 しかし、だからといって工事にいくらかかるかもわからないまま着工するわけにはいか

 ないので、請負契約という行為が必要になります。業者は契約で交わされた請負金

 額に基き、立てた予算を目標に工事を進めて行きますが、たとえ工事中不測の事態

 に遭遇し、当初の予算よりオーバーしてしまったとしても、正当な理由のない限り追加

 の請求は出来ません。逆に、施主は当初予定していた工事範囲が縮小したなどの明

 白な理由がない限り、減額を請求することは出来ません。





 工事範囲を明確にする

 見積書をチェックする上で最も肝心なのは、その見積もりに含まれる工事範囲はどこ

 までかを必ず確認する
ことです。特に規模の大きな工事になると、付帯工事(ある部

 分を工事するために当然しなければならない工事。ex:「増築をするために地中の水

 道管を切り回す」など)が必要となるので注意が必要です。良心的な業者であれば、

 「○○したら△△しなければならないかもしれないので、その場合は別途見積もりとな

 ります」などと、事前に知らせてくれるのですが、親切な業者ばかりとは限りません。

 心配なときは、契約の際「この見積金額以上にお金がかかるようなことはありません

 ね?」と念を押しておくとよいでしょう。
  


 追加工事は要注意

 建築工事に付きものなのが、追加・変更です。規模が大きく工期の長い工事では、

 つの間にか
金額が膨らんでいたりすることがあるので注意しましょう。建築工事では、

 工事中の追加や変更はスムーズな工事の進行を妨げる原因になるので、本来は

 着工前に決めた仕様通りに工事が進行するのが理想ですが、住みながらの工事は

 途中で気が変わることもあり、追加・変更は頻繁に発生します。ただ、工事中にあまり

 たくさんの追加や変更が出ると、工期が延びる原因になるばかりか、金額がどれだけ

 増えたかが把握しきれなくなり、工事完了後に莫大な追加請求を受ける結果となりま

 す。金額のことが心配になったら、早めに追加の金額を提示してもらうよう、業者に働

 きかけましょう。 

Base template by WEB MAGIC.   Copyright(c)2008 リフォーム初心者のための失敗しないリフォーム術  All rights reserved.