リフォーム初心者のための失敗しないリフォーム術
   リフォーム 計画の立て方


  計画の立て方

 優先順位を付ける

 リフォームの動機には、大きく分けて2つあると考えられます。

    ・使い勝手の改善や設備機器の交換など生活の不満を解消する工事
      ex)間取りを変えたい、キッチンを新しくしたいetc.

    ・建物の保全・維持のための劣化部分の改修工事
      ex)外壁の塗り替え、屋根の葺き替えなど数年以内に行いたい

 それぞれの項目を書き出し、優先順位を付けと良いでしょう。



 築年数とリフォーム

 一般的に、建築時期の新しい建物の方が寿命が長いと言えます。その理由として・・

 ・建築基準法改正の前と後では、建物の強度に違いがある。

 ・建築材料や施工技術の進歩により、以前より長持ちするようになった。

 よって、新しい建物ほど修繕のサイクルが長く、直すべき箇所が少なくなっていると

 いえます。業者の「お宅はもう築○○年だから今やらないと手遅れになりますよ。」

 などという勧誘に惑わされず、それぞれの家に合った修繕計画を立てる必要があり

 ます。



 コストと工事範囲のバランスを考える

  「あっちもこっちもやりたいけれど予算がない」・・家が古くなるとどこのお宅でもその

 ような悩みを抱えられると思います。特に水廻りの工事では、設備機器のグレードに

 よってトータル金額にかなりの差が生じます。キッチンの扉の色を変えただけでずい

 ぶん金額に違いが出るなどということもあるので、よく検討することが必要です。


   ・一転集中型
 ここだけは良くしたいというところに集中して予算を投じる

   ・分散型
 お金を1ヶ所にかけ過ぎず、分散してなるべく多くの範囲を行う


 いずれを選ぶかは人によりきりですが、見栄えにかかるコスト機能面にかかるコス

 ト
の配分は、よく検討してから決めたいものです。

 

 二度手間にならない工夫

 同じ部屋で一部をリフォームした場合、残った部分の古さが目立つことがあります。

 リフォームをはしめると、あそこもやったらここもと、次から次へと要望が膨らむもので

 すが予算の都合でいっぺんにできないこともあるでしょう。しかし、たとえば同じ部屋

 で壁と天井のクロスを別々の時期に張り替えるとすると、その都度家具を移動しなけ

 ればなりませんし、コスト的にもロスが生じます。本当は一緒にやった方が良いので

 しょうが、予算や工期の都合で一度にできない場合には、先送りするというのも選択

 肢のひとつではないでしょうか。

  やるときは一気に、出来ないのならしばらく我慢。


 この決断がリフォームをおこなう上での重要なポイントとなります。判断に迷うところ

 でしょうが、中途半端な工事はなるべく避け、まとめておこなうことをおすすめします。


Base template by WEB MAGIC.   Copyright(c)2008 リフォーム初心者のための失敗しないリフォーム術  All rights reserved.