リフォーム初心者のための失敗しないリフォーム術
     耐震補強工事


 耐震補強工事

 1階の壁補強が最も重要

 2×4などプレハブ以外の木造住宅で、1981年(昭和56年)以前に建てられた建物

 は改正前の建築基準法をもとに設計されており、あるデーターでは7割以上の建物が

 倒壊または半壊の危険性があると言われています。阪神大震災で倒壊した建物の

 状況をみると、2階部分が原型をとどめた形で1階部分を押し潰しているケース(写真

 参照)が多くみられ、その原因として1階の壁量不足土台と柱の接合部の弱さ

 指摘されています。


    阪神大震災   阪神大震災
    阪神大震災の被害状況(2階が1階を押し潰している)

     ほぞ抜け現象               
     写真1) 柱が土台から抜ける          写真2) 倒壊した2階建ての隣に建つ
           「ホゾ抜け」現象                   無事の3階建て

 特に、土台と柱の接合部が「ホゾ抜け」と呼ばれる現象(写真1)で1階の柱が浮き上

 がり、建物の倒壊につながった例が数多く見られたことから、それまで3階建てにしか

 設置が義務付けられていなかった「ホールダウン金具」(写真3)と呼ばれる金物が、

 2階建てにも設置が義務付けられるように なりました。よって、震災以後に新築され

 た建物については地震に対する強度はより高まっていると言えます。

                   後付補強金具     
         写真3)ホールダウン金具        写真4)後付け補強金具

 ただし、ホールダウン金物はあらかじめ基礎コンクリートに埋め込んでおかねばな
 
 らず、 基本的には新築時にしか取り付けできません。そこで、既設の建物にあと
 
 からでも簡単に取り付けできる「ホゾ抜け」防止の金物が開発されました(写真4)。
 
 1階の壁を増やすことと、「ホゾ抜け」防止金物を取り付けることで、大地震に耐え
 
 得る建物に補強することが可能です。


 壁補強用建材→大建工業 かべ大将

            耐震補強工事の必要な木造住宅
 




 診断する人によって診断結果や施工方法はまちまち

 耐震診断の診断基準は、一般的に国土交通省監修『木造住宅の耐震診断と補強方

 法』の一般診断および精密診断に準拠しています。しかし、評点が1未満(倒壊の危

 険性がある)の建物を1以上に上げるためにどのような補強計画を立てるかは、診断

 する人によってまちまちですし、それによって工事費用も変わってきます。現状では確

 認申請書を役所に提出し、国や地方自治体が診断結果を審査するというシステムが

 ないため、診断者の判断にゆだねざるを得ないのが実情です。一部では、悪徳業者

 が適当な診断をして不当に高い工事を契約させるなどの被害が出ているので、くれぐ

 れも注意が必要です。どこに頼めばよいかわからないという人は、まず役所に相談
 
 してみましょう。  


   悪質リフォーム業者に注意!→名古屋市消費生活センター  

                        NPOを名乗る悪質商法
  
   簡単な診断ができます→誰でも出来る我が家の耐震診断



  耐震関連リンク集

  木耐協  住宅の耐震診断、補強技術の解説、簡易診断コーナー等

  耐震リフォーム 耐震診断、補強の方法、耐震リフォームの流れ

  日本建築防災協会

  日経NET住宅サーチ  耐震改修工事のいろは


  耐震補強用建材

  エイム  耐震事業から建設業・リフォーム業をトータルにサポート

  地震に備えて・・  大建工業の地震配慮製品

  かべ大将  大建工業の耐震リフォーム用建材


  地震関連

  中央防災会議  東南海・南海地震に関する専門調査会

  

 

Base template by WEB MAGIC.   Copyright(c)2008 リフォーム初心者のための失敗しないリフォーム術  All rights reserved.